保湿化粧水は、使い方次第で肌への響き方に差が出ます

肌への水分補給をしてくれる、化粧水。
単純な肌の水分補給と一言で言っても、使い方を誤ってしまうと、せっかくのスキンケアが台無しになってしまう事があります。
化粧水は水分なので、とりあえずパシャパシャと肌に付ければいいと思っている方が大半だと思います。
しかし、どんな化粧水でも、やみくもにパシャパシャでOKと思っていたら、せっかくの良い保湿化粧品の効果を万度に感じる事が無くなってしまいます。

コットンを使う方が居ますが、乾燥肌で且つ敏感肌の方がコットンを使うと、コットンの繊維が弱った肌に傷を付けてしまう事があります。
ただでさえ敏感肌なのに、コットンで刺激を与えてしまっては、更なる敏感肌を向上させてしまいます。
毎日そういう刺激を与え続けていると、保湿以上にダメージの方が強くなり、せっかくの保湿化粧水も無駄になってしまいます。
コットンは、肌質によって使用が厳しい事がありますので、気にかけて判断しましょう。

保湿化粧水は、使い方次第で肌への響き方に差が出ます

乾燥肌により一層保湿化粧品を馴染ませる為には、素手で優しく顔を包み込むように付けてあげる事が1番です。
手は暖かいので、スキンケアをした後に手でプレスをしてあげると、暖かさで肌により一層浸透しやすくなります。
まんべんなく顔全体をプレスすると、1枚膜に覆われたような効果を感じる事が出来ます。

手の平はソフトな感触なので、肌に優しい所も良い部分でもあります。
優しくプレスして、保湿化粧品を肌の中に沢山浸透させましょう。

乾燥肌は、乱暴に扱うとすぐに肌に負担をかけてしまうので、絶対にしてはいけません。
肌には常に優しく触れて、壊れ物を扱うようにすると良いでしょう。
保湿化粧品で優しく保湿ケアをし、乾燥肌を改善しましょう。

保湿効果をさらに上げる為には、手で付けてあげて仕上げにプレス

スキンケアでよく見かけるのは、スキンケアを肌に付けた後、手でパタパタパッティングする人。
パタパタパッティングする事で、肌が豊かになる方も勿論いらっしゃいます。
普通肌の方は、パタパタ叩きこんでも肌負担がかかりませんし、肌を鍛える事でたるみを軽減する事が出来るので、効果的と言えます。

しかし乾燥肌は、とても刺激に弱い肌質です。
パタパタパッティングをすると、たちまち肌に負担をかけてしまいます。
肌細胞に負担がかかり、壊れてしまう可能性があるので、とても恐ろしい行為といえます。
乾燥肌には、パタパタパッティングは不向きです。
乾燥肌は、常に優しく扱ってあげるようにしましょう。